理系

理系でフル単が『きつい』のは当たり前です←対策・理由・実体験

理系
スポンサーリンク

理系大学生です。

  • 「フル単」を狙っていました。
  • でも、忙しすぎてフル単きついです。
  • 体験談や対策が知りたいです。

今回はこんな疑問を解決していきます。

✔︎ 記事の内容

  • 理系でフル単が『きつい』のは当たり前な理由
  • 対策3選←理系でフル単が『きつい』
  • 【実体験】理系の私にフル単はきつかった

✔︎ この記事を書いている人

この記事を書いているのは、理系大学4年生です。大学生は「フル単」をするべきと言われています。でも、フル単って正直難しいですよね。

フル単とは1学期・1学年次に取得できる上限の単位数を最大まで履修することです。

まずは結論をご紹介。

結論:理系大学生の「フル単」は難易度高め

実際、私は1年生の頃フル単を逃してしまいました。

しかし、しっかりと卒業必要分の単位は確保することができています。

そこで本記事では、理系でフル単が『きつい』のは当たり前な理由をご紹介していきます。

「フル単しんどい」と思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

対策3選←理系でフル単が『きつい』は後半で解説していきます。

では、いきましょうm(_ _)m

✔️必見:理系なら絶対登録する就活サイト

私が実際に利用してみてオススメな就活サイトを100サイト以上から厳選しました。理系なら登録必須のサイトのみ。「就活サイト何を使えばいいのかわからない」という方はどうぞ。

>>【必見】理系オススメの就活サイトは3つだけ【最短2週間内定】

スポンサーリンク

理系でフル単が『きつい』のは当たり前な理由

ここから理系でフル単が『きつい』のは当たり前な理由を解説していきます。

簡単にまとめるとこんな感じ。

  • 理由①:単位を取ることが難しい
  • 理由②:レポートの量が多い
  • 理由③:実験がしんどい

それぞれ順番に深掘りしていきます。

理由①:単位を取ることが難しい

理系の授業の中には「単位」を取ることが非常に難しいものが存在します。

そのような授業は大抵「教授が厳しい」です。

そして、一つでも鬼単をとってしまったら「フル単」を達成する難易度はグッと上がります。

大抵の学生は最初はフル単を狙って頑張ろうとするのですが、途中で限界がきてしまう学生が多いですね。

特に理系は単位取得が難しい科目に頭を悩まされていることはあるあるですね。

エリ
エリ

やっぱり「厳しい教授」はいるのね

もし、サークルに入ろうか悩んでいるなら以下の記事がおすすめ。参考になるはず。

>>【後悔】大学生は『サークルに入らない』で悩む必要なし←Q&Aあり

理由②:レポートの量が多い

理系あるあるですが、「レポートの量が尋常じゃなく多い」です。

レポートに圧倒され、単位を諦める学生もいます。

やはり、理系学生は授業やレポートの関係から忙しくなりやすいです。特にレポートを後回しにする癖がある人は大変な状況になります。

ちなみに、私はレポートを溜めすぎて徹夜しないと終わらなかったことがあります。正直、地獄でした。

周りの学生たちも忙しい時期は当たり前のように「徹夜」をしていたのを覚えています。フル単のためには計画的に進めることが重要ですね。

アキ
アキ

「計画性」が大切よ〜

理系大学生って忙しすぎて、休みがないと不安に思っている方は以下の記事がおすすめ。

>>【理系】大学生に休みがないのは本当なのか?現役大学生が解説

理由③:実験がしんどい

理系には「実験系の授業」があります。

実験の授業は本当に大変です。超大変です。

私は、リモートで実験の授業を受けました。課題の量や事前準備が多すぎて毎日「はぁはぁ」言いながら過ごしていました。

マジで実験の授業だけは取りたくないです。幸いなことに高学年になってから実験の授業がなくなったので安心しましたね。

まだ実験の授業を体験していない人は気合を入れて授業に臨むことをおすすめします。しんどいですよ。

サム
サム

実験は超大変だよ

以下の記事で理系が勉強しないとどうなるのかをまとめています。

>>【体験談】理系大学生で勉強しないとどうなるのかを解説

スポンサーリンク

対策3選←理系でフル単が『きつい』

ここから理系でフル単が『きつい』場合の対策を解説していきます。参考になるはず。

簡単に対策をまとめるとこんな感じ。

  • その①:楽単を調べておく
  • その②:有能な友達を作っておく
  • その③:フル単を諦める

それぞれ深掘りしていきますね。

その①:楽単を調べておく

フル単を達成する上で重要なことは「楽単」をどれだけ取るかです。

「楽単」とは楽に取れる単位のことを指します。

「楽単」を調べる方法は以下に置いておきますね。

  • サークルの先輩から聞く
  • 同じ学科の先輩に聞く
  • 留年している友達に聞く

以上になります。人脈を増やして情報を集めていくのが1番手っ取り早いです。

1年生のうちは必修授業で大体埋まってしまうと思うので、楽単を調べる必要はそこまでありません。

アキ
アキ

「楽単」がフル単の鍵ね

ちなみに忙しすぎてバイトなんてできないと悩んでいる方に以下の記事がおすすめ。

>>【忙しい?】理系大学生で『バイトをしない』は正解なのか解説

その②:有能な友達を作っておく

難しいレポート・課題に出会った時に頼れる友人を1人作っておきましょう。

自分1人でどうにでもできない課題もあります。

私は1人だけ超頭のいい友人がいまして、その友人に課題で限界がきた時は助けてもらっていました。

注意点が一つだけあります。頭のいい友人に頼りすぎると人間関係が悪化してしまうことがあります。

だから、適度に頼るようにするか、何かしらの見返りを作るようにしましょう。頼りすぎが原因で仲が悪くなっているグループを見たことがあります。

サム
サム

頭のいい友人を作ろう

ちなみに、理系は文系と比較して頭がいいと言われますよね。以下の記事で詳しくどうぞ。

>>理系学生が『頭いい』と言われる理由←文理は関係ない

その③:フル単を諦める

最悪、「フル単」を諦めるのも選択肢の一つです。

フル単に固執しすぎて病んでしまってはもったいないです。

正直、フル単を取らなくても卒業することは可能です。だから、体調を崩したりするほどフル単のせいで追い詰められているならあきらめましょう。

割と単位数は足りるのでどうにかなりますよ。私はどうにかなりました。

フル単はとったほうが後で楽になりますが、絶対にしなければいけないわけではないので注意してください。

ハル
ハル

無理したらだめよ〜

もし、大学生でプログラミング学習を始めたいなら以下の記事がおすすめ。無料体験できます。

>>【完全初心者向け】大学生のプログラミング学習の始め方【稼ぐコツあり】

スポンサーリンク

【実体験】理系の私にフル単はきつかった

最後に私の体験談を置いておきます。興味がなければブラウザバックしてください。

大学低学年の頃にフル単を取ろうと頑張っていたお話です。

では、いきますね。

最初は「フル単」を目指していた

私も大学1年生になった当初は「フル単」を目指していました。

最初は訳もわからずフル単を目指せと言われていたからです。

周りの友人たちはフル単は絶対にしないとと言っていたので、自分もそれに合わせてフル単で履修を組みました。

実際やってみると授業が忙しすぎて暇がそこまでありませんでした。こんなに理系は忙しいのかと驚愕したのを覚えています。

理系が忙しいと言われる原因はこれかと思いましたね。実際に体験してみるとやばいです。もうやりたくないです。

レイ
レイ

やっぱり忙しいんだ、、

結局、テストがむずすぎて落単

私の学部は数学系の科目が多かったので、テストの点数さえよければ単位を上げるという形式の授業が多かったです。

だから、出席がゼロでもテストで頑張れば単位を取ることができました。

しかし、テストの難易度が高すぎて「落単」してしまいました。

ちなみに周りの友人たちもしっかり単位を落としていましたね。必修はなんとか単位を取ることができたので安心しました。

結局、フル単を達成することはできませんでした。難しいテストだったのでしょうがないとは思います。

カイ
カイ

やっぱり理系のテストはむずいんだ

目標に「フル単」はありです

フル単を達成することが難しそうだけど、「フル単」は目指したほうがいいです。

目標として「フル単」を設定しましょう。

フル単をすることによって、高学年になったときに超楽になります。もう遊び放題ですよ。

就活とかで忙しい時期に学校の授業が被るとしんどいので可能な限り単位を取得しておきましょう。

もし、フル単を取るのは無理だったとしても大丈夫です。ある程度の単位数があれば足ります。

アキ
アキ

目標にフル単はありよ

✔️必見:理系なら絶対登録する就活サイト

私が実際に利用してみてオススメな就活サイトを100サイト以上から厳選しました。理系なら登録必須のサイトのみ。「就活サイト何を使えばいいのかわからない」という方はどうぞ。

>>【必見】理系オススメの就活サイトは3つだけ【最短2週間内定】

まとめ:理系でフル単が『きつい』

今回は、理系でフル単が『きつい』のは当たり前ということを解説していきました。

最後にこの記事のまとめを置いておきます。

  • 理由①:単位を取ることが難しい
  • 理由②:レポートの量が多い
  • 理由③:実験がしんどい

ここまで読んでいただきありがとうございました。以上です。

理系が登録するべき就活サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました